TOP

かえる訪問看護ステーションの理念「3かえる」

ご利用者さまが地域に
「帰る」を応援します

スタッフが無事に自宅に
「帰る」を応援します

スタッフが自らを「変える」、会社を「変える」を実践します


代表挨拶

「かえる」へご応募をお考えの皆様へ

 この度はご縁あって弊社に興味を持ってくださりありがとうございます。

病気や結婚・出産や介護などがあり、また数々の引っ越しや都度の転職・育児をしながらも看護師歴20年以上の経験を経て、その中で最も楽しくてやりがいがあるのが訪問看護でした。

約10年の訪問看護師や管理者としての経験を活かし、「3かえる」の理念のもと会社を設立しました。看護師人生の中でも目標ややりがいは変化がありますが、働く上で一番大事なのは・・・仕事を終えて自分の家に無事「帰る」ことだと感じます。

こころとからだが安定していれば、看護師にはどんどん邁進できる力があります。

株式会社KAERUはそんな想いから、社会変化に対応し、自分自身の人生の変化にも対応し、何事にもチャレンジする力を応援します。

訪問看護はほとんどの方が初めてですので、まずは楽しさを知ってもらえるところから。そのうちやりがいを感じて私のように天職になっているかもしれません。

ママのやさしさも強さも、ベテランの安定感も、若手の元気さも可愛さも、バリバリ働きたいその活力も、あなたの看護の力を必要としている人がいます。

はじめはのんびりゆっくりで良いです。

一緒に訪問看護を楽しみましょう。

株式会社KAERU 代表取締役
かえる訪問看護ステーション 管理者
看護師 菊川 佳代


訪問看護が初めての看護師さまへ

ご利用者様の自宅に行き、バイタル測定、内服管理、褥瘡処置、陰部洗浄や入浴介助などの保清、他歩行訓練でお散歩に出かけたり、病状に不安がある方にはゆっくりお話を聞く「傾聴」等々の看護ケアを行います。

ご利用者様の希望や病状に合わせて行う30分~1時間のケアは、時間のすべてを目の前のご利用者さまの事だけを考えて看護をする時間です。

また、日本では約8割の方が病院で亡くなる一方、実に約8割の方が人生の最期を迎える場所として自宅を望むという結果があります。訪問看護ではターミナルに期に携わり看取りケアを行う役割も担っており、家族と過ごすその時間は私たちの仕事の尊さを身をもって体験します。

SDGs11番「住み続けられる街づくり」として、できる限り住み慣れた地域で過ごせるように、地域の方々と連携をし、様々な工夫をしながら看護の力で在宅療養を支援します。


かえる訪問看護ステーションでは、
7/1オープンに向けて、オープニングスタッフの常勤・非常勤
それぞれ募集しております。

下記の募集要項をご覧頂き、
ご縁があれば是非エントリー頂けると幸いです。